1_20200410233408959.png ヘリコプタースキャニング img20161104160826755878.png ポリゴンメッシュ&3DCADデータ img20160901171423839013.png ポリゴンメッシュ&3DCADデータ untitled14.jpg レンダリング 固定翼正面 untitled13.jpg レンダリング 固定翼後方 untitled15.jpg レンダリング 固定翼底面 b204_21.png レンダリング 回転翼正面 untitled10.jpg レンダリング 回転翼底面 b204_17.png レンダリング 回転翼後方 fd_model_1.png カスタムカー img20160919173543857430.png カスタムカー img20200401205134518016.png ミニバン正面 3Dスキャニング&3DCADモデリング(レンダリング) img20200401204933515339.jpg ミニバン後面 3Dスキャニング&3DCADモデリング(レンダリング) img20200401204857580028.png ミニバン正面 3DCADモデリング img20200401204857605671.png ミニバン後面 3DCADモデリング

「ものづくり」と「3D技術」をつなぐ。

What's New


弊社へのお問合せは「お問合せフォーム」または
masa@t-strake.com(担当:引地正和)
03-6423-6196(会社固定電話)
へご連絡下さるよう、よろしくお願い申し上げます。
・出張3Dスキャニングサービス
・機械設計(航空機装備品設計)
・製造、組立
・航空機体改造、修理作業等
お気軽にご連絡下さいませ。

2021.4.21
3DスキャンメーカーであるArtec3D社(データ・デザイン:日本代理店)の取材を受けていた記事が掲載されました。日本企業としては初とのことです。このようにArtec3D社(データ・デザイン:日本代理店)の3Dスキャナーを使用した事業を紹介されて非常に喜んでおります。

ヘリコプターを3Dスキャニングしてジンバルカメラマウントを設計・製造した事例を紹介しました。主に弊社では、ヘリコプターのカスタマイズを行っております。

https://www.makepartsfast.com/
https://www.artec3d.com/ja/news/designing-camera-mount-for-helicopter?fbclid=IwAR3sniEHfJYt_yQkMv0BuNjZ8PwbDm85J-8mTYmVH2ZZ8H5AHsCLOtcPRgA

 
 
  

皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

 

2021.2.1
一般社団法人三次元スキャンテクノロジー協会様より3Dスキャントータルアドバイザーの認定を受けました。
・3Dスキャントータルアドバイザーとは
 3D計測に関して最適な結果を導くことができるスキルを持った人材。
 計測技術の知識だけではなく計測スキル、コミュニケーション能力を兼ね備え
 た人材。
 3D計測に関する「悩み」をじっくりと聴き取り、どのような計測を行えばよい
 かを見極めてその悩みに最適な解決策を見極める人材。 
 一般社団法人三次元スキャンテクノロジー協会ホームページ抜粋
 https;//3dst.org/3dsta
 

 
 
これからもお客様の考えをくみ取り、確実なアウトプットを出せるように努力してまいります。
 
 

2020.4.1
先週、3Dスキャニングしたスキャニングデータをリバースモデリングしました。

 
SolidWorksによるレンダリング画像
 
フロント
リア
 
コツコツとリバースモデリング作業を行いました。

2020.3.22
最近、自動車の3Dスキャニングについてお問合せが多いので、弊社社有車でエクステリア・インテリアの3Dスキャニングを行いました。実績はあるのですが、顧客との秘匿契約があるので、実際の案件は公開できません。
 

ガラス・ライトなどの透明部品や光沢黒色部品はスキャニング出来ないので
スプレーを塗布しています。
 

エクステリア・インテリアは正確に位置合わせを行っています。
ハンドヘルドタイプの3Dスキャナーでミニバン程度の大きなものをスキャニングするのは難易度が高くなりますが、練度や工夫で作業可能です。
大型計測物は、3Dスキャニングも大変ですが、のちに膨大なデータを編集してポリゴンメッシュデータ作成するのは手間がかかります。
実際の案件ですと、この後リバースモデリング作業を行いますが、コツコツとモデリングを行いますので、こちらもまた手間のかかる作業です。 

2020.1.20
テックストレーキ株式会社は、2/6(木)~2/7(金)に大田区産業プラザ PIO(京急蒲田駅)で開催される展示会「おおた工業フェア」に出展いたします。
入場無料・事前登録なしで入場できますので、ぜひお越しください。
弊社のブースは「機械器具 No.52」です。お待ちしております。
 

 
 
金属AM部品
 
金属AM造形部品を多用したヘリコプター用カメラマウントやハンドヘルド3Dスキャナーの展示・デモンストレーションを行います。

2020.1.6
昨年、3DスキャニングしたB204 ヘリコプターのデータを3DCADデータ化して「カメラマウント」を設計・製造・組立しました。
金属AM部品を多用しました。
2/6~2/7に大田区産業プラザ PIOで開催される展示会「おおた工業フェア」の弊社ブースにて展示いたします。
 

3Dスキャニングデータから3DCADで設計したカメラマウント
終極荷重による非線形シュミュレーションにより強度検討済み
 
組立・展示用筐体を3DCADで設計
 
設計図を基に製造したカメラマウント
 
金属AM部品
 
従来の技術である、パイプ曲げ(クロモリ)・切削加工(ジュラルミン)と最新製造技術である、金属AM造形品(材料証明・引張試験成績表あり)を組合わせました。これから航空機装備品においても 金属AM造形部品は多用される見込みが十分にあります。
このカメラマウントは試作・展示品ですが、弊社は航空機の3Dスキャニング→設計→製造・組立→機体への取付を行っております。

2019.10.31
日刊工業新聞社様の取材で、東京都立産業技術専門学校 荒川キャンパス 科学技術展示館に展示されている B204を3Dスキャニングしました。
 

Artec Evaによる3Dスキャニング
 
Artec Evaによる3Dスキャニング
記者さんに作業説明しています
 
取材風景
機体前面
機体側面
テールブーム
機体側方
 
苫小牧科学センター様で3Dスキャニングしたデータと合成しました
 
日刊工業新聞社様の取材で、弊社がメインで行っているヘリコプターの3Dスキャニング作業を取材していただきました。記事にしていただくのが楽しみです。

2019.09.05
マウンテン・バイクのフレームを3Dスキャニング、リバースモデリングしました。
 

Artec Evaによる3Dスキャニング
 
Artec Space Spideによる3Dスキャニング
 
フレーム組立状態
フレーム組立状態の3Dスキャニングデータ
リバースモデリングした3DCADデータ
前部フレームの3Dスキャニングデータ
前部フレームの3DCADデータ
後部フレームの3Dスキャニングデータ
後部フレームの3DCADデータ
リンクの3Dスキャニングデータ
リンクの3DCADデータ
  
往年の名機「V10」のフレームを3Dスキャニング&リバースモデリングしました。まず、組立状態をArtec Evaで全体をスキャニングしました。そして、個々の部品をArtec Space Spiderでスキャニングして合成編集をした後にリバースモデリング(3DCADデータ化)しました。これから3DCADで読み込んで機構の検証を行います。

2019.08.21
「打出板金」で飛翔体のドーム形状フェアリングを製作しました。
 

航空機用ジュラルミン板を砂袋の上にのせて、大きな木ハンマーで打ち込む。
 
ゲージを当てながら小さい木ハンマーで整えながら打ち込む。
 
板を裏返し、凸形状側から「当てがね」にあてながらナラシ作業を行い、スムースなドーム形状に仕上げる。
 
①平板を円形に切断する。
 
②砂袋の上で板を、大きな木ハンマーで打込んで成形してゆく。
 
③成形途中。
 
④小さい木ハンマーで整えながら成形してゆく。
 
⑤定盤の上でナラシ作業を行う。
 
⑥「当てがね」にあてながら平たいハンマーで凹凸を打ち込み、ナラシ作業を行う。凹凸をなくしてスムースなドーム形状に仕上げる。
 
⑦結合フレームの絞成型
 
⑧クレコによる仮組。
 
⑨クレコによる仮組。
 
➉本穴仮組。
 
 ⑪リベット結合。
 
⑫リベット結合。
 
体力や高い技能・経験を必要とする「打出板金」部品による組立構造体です。
「打出板金」作業ができる人材は、もはや天然記念物ぐらいにレアキャラです。今やヘリコプター機体も戦闘機並みに、CFRP全盛期ですが、メタル部分やメタルの機体はまだまだ使用されていますので、いまでも必要な技能です。
弊社では3Dスキャニングだけではなく、航空機機体構造作業(板金作業)も得意な業務です。 
 

2019.08.21
ヘリコプター「はまなす B204B-2」のリバースモデリングが完成しました。

 
画像公開の許諾は得ております。

2019.07.12
北海道 苫小牧科学センター様の展示ヘリコプター「はまなす B204B-2」の3Dスキャニング計測風景の動画をYouTubeへアップロードしました。

 
動画公開の許諾は得ております。

2019.05.31
北海道 苫小牧科学センター様の展示ヘリコプター「はまなす B204B-2」の3Dスキャニング計測を実施しました。動画編集中です。

 
画像公開の許諾は得ております。

テックストレーキに出来ること

会社の特徴
 

3D技術で問題解決 LinkIcon

「ものづくり」こんなことでお困りでは?
 

3Dスキャニング LinkIcon

現物から3Dデータを作成します!
 

リバースエンジニアリング LinkIcon

図面がなくても大丈夫!
 

航空機板金作業 LinkIcon

航空機で培った打出し板金技能 
 

設計・3Dモデリング LinkIcon

カスタム部品を設計・3Dモデリングします 

http://www.tman.tokyo.jp/index.html
TMAN(Tokyo Metropolitan Aviation Network)
に参画しています。

https://www.artec3d.com/ja
Artec3D機材の販売

一般社団法人 三次元スキャンテクノロジー協会 法人会員
3Dスキャントータルアドバイザー